やげん堀(七味唐辛子)


蕎麦好きの江戸っ子に欠かせない七味は、漢方薬の有効利用として誕生


 寛永2年(1625)江戸薬研堀(現中央区東日本橋2-5付近)で中島德右衛門が薬種商を開業したことが、『やげん堀七味唐辛子本舗』の始まりです。漢方薬を食に利用しようと『七色唐辛子』を考案しました。将軍徳川家光にも献上すると気に入られ「德」の字を賜り「山德」の紋を掲げました。初代の中島德右衛門から数えては十代目、昭和18年(1943)に薬研掘から現在地の浅草新仲見世に移転し、現在に至っています。

 

 七味の主成分、唐辛子の原産地は中南米で、先住民族が痙攣や下痢の薬として使っていました。それをコロンブスがアメリカ大陸発見時にスペインに持ち帰り、その後『漢方薬』として日本に入って来ました。 

 やげん掘七味唐辛子は『乾燥、焙煎、二種類の唐辛子・山椒・陳皮(みかんの皮)・黒ごま・麻の実・けしの実』。すべて風邪への効能がある漢方薬です。

 江戸中期、江戸の薬研掘には薬問屋と医者が多く集まっていたため、七味が生まれ発展したと思われますが、さらに当時、江戸庶民に好まれた食べ物は『蕎麦』。その『薬味』として広く市民権を得ました。また、ねぎ・わさび・大根おろし等も『薬味』と言い、薬効があります。風邪をひくと、のど越しの良いそばに『薬味』を入れ発汗作用を促す。また風邪の予防としても摂る。いつの間にか、七味はそばやうどんには欠かせない薬味となったのです。(七味の中身は製造元によって異なり、しょうが粉や青のりもポピュラーです)

 

 当時の薬研掘界隈は、江戸一番の繁華街で、両国橋付近には芝居小屋もたくさんある花街だったようですが、明治の頃より娯楽が浅草に移り始め、だんだん商店街へと変化しました。『やげん堀七味唐辛子本舗』も浅草に移転しました。しかし、江戸中期の創業の『大木唐からし店』は現在でも薬研掘で営業してます。ちなみに大木唐からし店は、七味ではなく『七色唐がらし』の呼び名で通ってます。

 また、江戸三大不動のひとつ薬研掘不動院は、古くから薬研掘のシンボルで、現在でも12月27日からの3日間、『羽子板市』と『出庫市』は特に賑わいます。

 余談ながら、薬研掘の『薬研』とは漢方薬などをつくるとき、薬種を細粉にひくのに用いる器具のことで。『薬研掘』は堀底の形状がV字型であり、薬研の窪みに似ていることに由来します。

店名

やげん堀 七味唐辛子本舗(合資会社 中島商店)1625年創業

住所

新仲見世本店/台東区浅草1-28-3

メトロ通り店/台東区浅草1-32-13

◉最寄り駅/東京メトロ銀座線・都営浅草線、浅草駅

TEL

03-3841-5690(本店)・03-5806-7716(メトロ通り店)

営業時間

10:30〜19:00(本店)・10:00〜18:00(メトロ通り店)

定休日

年中無休

店名

大木唐からし(江戸時代中期創業)

住所

中央区東日本橋2-21-5

◉最寄り駅/都営浅草線・東日本橋駅  都営新宿線・馬喰横山駅

TEL

03-3851-8412

営業時間

9:00〜18:00

定休日

日曜・祝日

 Pick Up おもしろ映像 江戸時代には、このような口上師がたくさんいたのでしょうかね。

近隣寺社/浅草寺  浅草神社  駒形堂  薬研掘不動院  他多数

玉ひで
    玉ひで
天安(つくだ煮)
  天安

老舗めぐり
TOPページ
すべての神社
すべての寺院



江戸の粋
東京老舗めぐり

歴史コラム

古神道と国家神道

子どもの頃、神社で遊んでいた時、ここから先は神様の居場所から入ってはいけない。


 呑みある記
 呑みある記
参拝スナップ
参拝スナップ

Access 年間 Ranking 2015年