“宝永3年(1706年)に発願し、江戸の出入口6箇所に地蔵菩薩坐像を造立したのが始まり”

品川寺

第1番

品川寺

宝永5年(1708年)

像高/2.75m

品川区南品川3-5-17

旧東海道

東禅寺

第2番

東禅寺

宝永7年(1710年)

像高/2.71m

台東区東浅草2-12-13

奥州街道

太宗寺

第3番

太宗寺

正徳2年(1712年)

像高/2.67m

新宿区新宿2-9-2

甲州街道


真性寺

第4番

真性寺

正徳4年(1714年)

像高/2.68m

豊島区巣鴨3-21-21

旧中山道

霊巌寺

第5番

霊巌寺

享保2年(1717年)

像高/2.73m

江東区白河1-3-32

水戸街道

第6番

永代寺

享保5年(1720年)

像高/不明

江東区富岡一丁目(深川公園内)

千葉街道


 江戸深川の地蔵坊正元が、宝永3年(1706年)に発願し江戸市中から広く寄進者を得て、江戸の出入口6箇所に丈六の地蔵菩薩坐像を、京都の六地蔵に倣って造立したものである。江戸守護の意味合いももあり、それぞれ街道の入口に安置されている。

 鋳造は神田鍋町の鋳物師、太田駿河守藤原正儀により、像高はいずれも270cm前後である。造立時には鍍金が施されていた(東禅寺の第二番は弁柄色の漆)が、現在では金箔の痕跡をわずかに残すだけとなっている。それぞれの像内には小型の銅造地蔵菩薩坐像や寄進者名簿などが納められていた。

 また、像や蓮台には寄進者の名前が刻まれており、寄進者は合計すると72000名を越える。これは当時の江戸の人口を考えてみると相当な数にあたる。江東区永代寺の第六番は富岡八幡宮の二の鳥居付近にあったが、明治元年(1868年)の神仏分離令による廃仏毀釈により、旧永代寺が廃寺になり取り壊された。現存する第一番から第五番までは、すべて東京都指定有形文化財に指定されている。

TOPページ
すべての神社
すべての寺院



江戸の粋
東京老舗めぐり

歴史コラム

古神道と国家神道

子どもの頃、神社で遊んでいた時、ここから先は神様の居場所から入ってはいけない。


 呑みある記
 呑みある記
参拝スナップ
参拝スナップ

Access 年間 Ranking 2015年