日本橋出世稲荷

“初代市川団十郎をはじめ、多くの商家や芸能関係者が信仰し出世を手に入れた”

祭神 宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)
境内社 岩代稲荷神社
住所

〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-6-11   

◉最寄り駅/日比谷線、都営浅草線・人形町駅

由緒

 元和三年(1617)、北条家の浪人・庄司甚右衛と、その他数名の仮屋敷内に京都伏見稲荷より祭神を勧請し、守護神としてお祀りしたと伝えられる。これに初代市川団十郎が日参して、出世したことから有名になった。以来、商家・芸能など多くの信仰者が数多く出世したらしく、この「出世稲荷」の名前がついた。

 振袖火事(1657)、安政大地震(1854)、明治の大火(1873)、昭和20年の東京大空襲による戦災まで免れたらしい。ただ関東大震災(1923)で社殿は焼失し、昭和六年(1931)に落成したものが現在の社殿。

 また旧岩代町(後に堀留町に合併)にあった、岩代稲荷神社も合祀しおり、合同で祭礼を執行している。

富沢稲荷神社
 富沢稲荷神社
初音森神社
 初音森神社

中央区 神社
すべての神社
すべての寺院



江戸の粋
東京老舗めぐり

歴史コラム

古神道と国家神道

子どもの頃、神社で遊んでいた時、ここから先は神様の居場所から入ってはいけない。


 呑みある記
 呑みある記
参拝スナップ
参拝スナップ

Access 年間 Ranking 2015年